FC2ブログ
晩夏の海月
時折半透明になりながら、ぽちぽち物書きしています。
既刊の在庫状況と新刊のお話
今晩はです、伴です。土曜の夜、いかがお過ごしでしょうか。

さて、ありがたいことに拙著諸々、在庫僅少のものが出てきているようで、お知らせします。

「つばめの巣」10号⇒なんと、完売御礼のようです。伴は長めの短編(?)「深夜秘密バス流星号」を寄稿しております。緘黙の少女が出逢った不思議なバスの正体は・・・。お買い上げくださった方にはお楽しみいただけましたら幸いです。

『名前のない光の粒について』⇒「イチオシなのに売れない!!」とかって騒いでいたのですが、思った以上にお手に取っていただけていたようで・・・ありがとうございます!本当に自分では大好きな作品なので感無量です。在庫あと少しあります。サンプルをこちらでお読みいただけます。

『ミーティングは三〇二で』⇒紺堂との共著です。これもね本当に大好きな作品です!青春の空気をつい昨日のように感じます。pixivでもお読みいただけるのですが、冊子版には紺堂書き下ろしのオマケ冊子もついてくるのでぜひ紙でお手に取ってみていただきたいです。pixiv掲載版から書籍にするにあたり改題しております。

『海の夢』⇒今年3月末までで頒布終了です。売れ残っても終了です(笑)サンプルはこちらでご覧いただけます。『Re:17』『喫茶カサブランカ』『世界』も3月末で頒布終了です。よろしければお試しください。

ツイッター等でお知らせしておりましたとおり、『ウーパールーパーに関する考察』は完売御礼です。本当にありがとうございます。受注再販にお申し込みくださった方もありがとうございます。再々販の予定はとりあえずありません。皆さまにかわいがっていただき幸せな∈(・Θ・)∋です。末永くお手元に置いていただけたら嬉しいです。

最後に、1月の文フリ京都で刊行した新刊『猫の頬に月』について少し書きます。
特にネタバレ的なものはないのですが、追記に記しますので、ご興味ある方はどうぞ。

『猫の頬に月』は、2012年に刊行した『月とライオン』(絶版、現在はpixivで全文お読みいただけます)の後日譚というかアナザーストーリーという感じの小説です。
表題作のあらすじは以下のとおり。

「猫の頬に月」
 高校教師である僕は、ある夜、アパートの近くで猫を拾った。
 猫の頬には、三日月型の傷。
 飼い主が見つかるまでという条件で猫と一緒に暮らしはじめた僕のもとに、古い友人から、ひとつの訃報が届く。

上記表題作のほか2章からなる連作短編集です。
『月とライオン』を読まれた方には、作中でも少し時間が経っていることもあり、登場人物それぞれの変化などもお楽しみいただけるものと思います。勿論、単品(?)でもお読みいただけます。
刊行前にWeb版つばめ報の記事でもご紹介しましたが、表紙イラストは『月とライオン』のときと同じく海咲光が担当しております。
作者としては、とても嬉しい要素の詰まった表紙で、また、タイトルロゴもとても気に入っています^^*

『月とライオン』を書いたときはまだ二十歳でした。もしかしたらギリギリ十代だったかも。若かりし頃です。『猫の頬に月』の三篇は、実は長さのわりに書き始めてから完成までにすごく時間がかかっていて、二十代中盤から書き始めて去年やっと完成したぐらいです。
若いころはとにかく憧れの世界を詰め込むのが小説で、萌えシチュエーションを中心とした頭の中の映像っぽいものをいかに言語化するか、みたいな感じで書いていたように思います。歳を重ねるにつれて、もっとマイナスの面も、というのか、それぞれの人の人生というものをもっと客観的に、深く見つめたいと思うようになりました。たぶん。このあたりの変化はまだ自分でもうまく言葉にできません。書き続けるうちにやがてわかるかもしれないし、わからないまま生きていくのかもしれません。

閑話休題。

通販は、在庫分がまだ私の自宅にあるもので、紺堂の家に送り次第取り扱い開始となります(すみません・・・。)
3月の名古屋コミティアでも頒布しますので、お手に取っていただければ幸いです。

「猫の額(おでこ)」じゃなくて「猫の頬(ほっぺ)」よ!
猫の額に月では、セーラームーンです。(世代)

それでは。
スポンサーサイト

テーマ:お知らせ - ジャンル:小説・文学

[2018/02/03 23:25] | 自分の小説の話 | コメント(0) |
<<3/25名古屋コミティア出展のお知らせ | ホーム | 本の感想:『箱の中でわたしは』『VERY BEST OF ANXIETY NEUROSIS BAND』>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
ご訪問有難うございます。

プロフィール

伴美砂都

Author:伴美砂都
つばめ綺譚社の伴美砂都です。
小説を書いています。
どうぞよろしくお願いいたします。

twitter:
つばめ綺譚社@TsubameKitan
わたし@misatovan

小説通販 渡り鳥販売:
つばめ綺譚社通販
ピコ通販様

最新記事

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR